こんばんは!自律神経・内臓専門整体師の鹿庭(かにわ)です!
 
 
身体のだるさにより、やる気がなかなか出ない…
 
 
仕事でのパフォーマンスが発揮できなかったり、うまく睡眠が取れないなど、
 
 
多くの方が経験する悩みのひとつでもあります。
 
 
 
このような身体のだるさが続いている場合では、身体の中の代謝や循環の原因も考えられます。
 
 
そして、体内の血液や水の流れなどに大きく関与するのが「腎臓」です。
 
 
今回は腎臓の働きを整え、身体のだるさを改善させるためのセルフケアについてご紹介していきます。
 
このような悩みを抱えた方へ
  • 常に身体のだるさがあり集中力が出ない
  • 朝なかなか起きることができない
  • 夜なかなか寝付けない
  • やる気が起きなく無気力になってしまう
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

身体のだるさと腎臓の関係

 
現代人の多くは腎臓の機能が弱化していることが多く、これを東洋医学では「腎虚(じんきょ)」と言います。
 
 
多くの方が腎虚となっている現代で、腎機能を高めることにより、身体のエネルギーバランスが整い、体内の水や血液の循環も改善されていきます。
 
 
 
では、腎臓が行なっている働きについて見ていきましょう!
 
 
 

腎臓の5つの役割

腎臓は、身体を正常な状態に保つ働きを持っておりとても重要な臓器です。
 
 
つまり、腎機能が弱化してしまうことで、身体を正常な状態に保つ働きも弱くなってしまい、病気や不調などを引き起こしてしまう恐れもあるということです。
 
 
 
腎臓は図のように腰の上あたりの左右に存在し、右側の腎臓は肝臓が上にあるため左に比べやや下にあります。
 
 
 
 
 
腎臓の役割については以下のようなものあります。
 
 
1)老廃物や塩分を尿として外に出す

2)血圧の調節に関係している

3)ホルモンを分泌し血液をつくる

4)骨をつくる働きがある

5)身体の水分量を調節している
  
 
 

 感情面との関係もある

また、腎臓は感情面の「恐怖・驚く」といったものと関係があり、このような状態にさらされると腎の働きが悪くなり、水分の循環も低下してしまい老化をはやめてしまうこともあります。
 
 
さらにこれらの感情が強くなると、尿失禁を起こしてしまったり、腎の働きが急激に落ちてしまい突然白髪になったりもしてしまいます。
 
 
 
そのため、人間関係などでのストレスを抱えている方などで、人に対して強度に恐怖を感じている方などでは注意が必要ともなってきます。
 
 
 
 
 

腎臓を整えるセルフケア

 
では、次に自分で簡単にいつでもできる、腎臓の働きを整えるためのセルフケアについてご紹介していきます。
 
 
 
ここではシンプルなものを2つほど解説していきます。
 
 
 
先にもお伝えしたように、現代では腎虚の方がとても多くこれらの機能を底上げすることで身体全身のエネルギーも高まっていきますので是非、お試しくださいね!
 
 
 

呼吸法を活用し整える方法

まずは、呼吸を意識していきながら腎へアプローチしていく方法です。
 
 
図のように、腎臓の上には横隔膜(おうかくまく)があります。
 
 
 
 
横隔膜は肋骨の内側をドーム状に覆っていて呼吸に深い関係がある筋肉になります。
 
 
 
この横隔膜が硬くなってしまったり、動きが悪くなってしまうことで、その下にある腎臓にも負担がかかりやすくもなっていきます。
 
 
 
呼吸を意識することにより横隔膜を緩め、腎臓への負担も減らしていきます。
 
 
まず図の、みぞおちを部分を意識していただき、この部分から空気が入ってくるイメージで息を大きく吸い込んでいきましょう!
 
 
 
 
 
次にみぞおちの延長にある背中から出ていくイメージで息を吐いていきます。
 
 
 
 
 
これらを3〜5回程度繰り返していきましょう!
 
 
 
 

ツボの働きを活用する方法

2つ目は、エネルギーの循環をつくり腎の機能を整えていく方法です。
 
 
ツボの働きを活用していくのですが、具体的にはツボとツボを結ぶ線である経絡(けいらく)と言われる流れを整えていく方法になります。
 
 
 
こちらもやり方は簡単で、
 
まずは準備として足の裏全体を手のひらで優しく包んでみましょう!
 
 
ちなみに腎臓に関係のあるツボはこちらにあります。
 
 
 
 
 
優しく手のひらを添えながら10秒くらいそのままで待ち、左右どちらとも終わったら、次に足の裏から腎臓にかけて頭の中で線を引きイメージしていきます。
 
 
 
 
足裏から腎臓までの線に乗って水が流れるようなイメージをしましょう!
 
 
 
 
これはなんとなくイメージできれば問題ありませんので立ったままでもいいですし、座わりながらでも構いませんので楽な姿勢で、10〜20秒くらいを目安に行なってみてください!
 
 
 
 

まずは気が付いたらやってみよう!

 
今回は、身体のだるさを改善させるための「腎臓セルフケア」についてご紹介していきました。
 
 
 
腎臓は身体の代謝や循環などを司どる大切な臓器でもあります。
 
 
身体に不調があるときは腎機能も低下していることも多いので、だるさや疲労感、ストレスなどを感じたたときに気が付いたら「腎臓セルフケア」を行なってみてください!
 
 
 
 
また、長い間身体のだるさに悩まされている方、自律神経症状や睡眠がうまく取れない方などいましたら気軽にご相談ください!それぞれの方にあった改善方法をご提案させていただきます!
 
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

無料相談受付中!

あなたの悩みを無料でお聞きします!

お身体の不調、メンタル面でのお悩みなどありましたら気軽にご相談ください。

一人ひとりに合った解決方法をご提案させていただきます!